千葉県松戸市の高校 興学社高等学院 - どんな人の学校? - 技能連携校とは?サポート校とは?

技能連携校とは?サポート校とは?


【通信制高校とは】

高校には、全日制高校と定時制高校、通信制高校の3種類があります。

通信制高校に限らず、“高校卒業”するためには、以下の3要件を満たす必要があると学校教育法で定められています。

 

①修業年限内で74単位以上を修得すること

3年以上の継続した在籍があること

③特別活動30時間以上

 

通信制は、全日制・定時制と並ぶ教育課程で、一人ひとりに合ったペースで学習し卒業資格を取得することができるため、すでに働いている人や、高校を中退した人、学業不振で現在の学校では卒業が困難な人など、さまざまな人が通っています。

最近では、不登校で悩む生徒や、発達障害により通常の学習が難しい生徒などにも適したスタイルとして注目されています。この他にも、芸能活動やアスリート活動と学業を両立させるために通信制高校を選択する生徒もいます。

それでは全日制、定時制、通信制の違いをみていきましょう。

<全日制>

通常の平日登校の過程で15時間から8時間の授業があり、就業年度は3年と定められています。一般的には学年制が多いが、近年単位制を導入している学校もあります。

 

<定時制>

夜間その他特別の時間帯又は季節において授業を行う課程で、14時間程度の授業が行われます。就業年度は4年から3年以上に変更されています。

 

<通信制>

通信制高校とは、言葉の通り通信による教育を行う課程のことです。

課題の添削(レポート)、面接指導(スクーリング)、試験(テスト)などを通じて単位を修得していきます。通信制高校では、学年制よりも単位制を採用しているところが多いのですが、単位制であれば個人の進度で学習をすすめていくことが可能なため、最短では3年、在籍期間を活用して10年以上かけて卒業する人もいます。

 

だけど・・・

☆興学社高等学院は“通信制高校”ではなく“技能連携校”と呼ばれる教育機関です!!

では“技能連携校”について解説していきます。

 

【技能連携校とは】

<そもそも技能連携校ってなに?>

学校教育法第55条の定めに従って公的に制度化されている新しいタイプの“高校卒業資格を取得できる教育施設”です。つまり技能連携制度を利用して専門的な勉強をしながら通信制高校で高校卒業資格取得を目指すことのできる学校のことを指します。学校教育法には、「定時制または通信制高校の生徒が都道府県教育委員会が指定する技能教育施設で教育を受けた場合、そこで受けた学習を高校の教科の一部の履修とみなす」という旨が記載されています。この「都道府県の教育委員会が指定する技能教育施設」を「技能連携校」と呼ぶのです。技能連携校では文部科学大臣が定める高等学校の職業に関する教科(農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉)に相当するものが含まれることが必要とされています。

具体的には、技能連携校に入学すると同時に、広域通信制高等学校にも入学することで、3年間で2つの学校を卒業するというイメージです。技能連携校において専門的な授業や実践的な体験を重ねながら、高校卒業資格を手にすることができます。2つの学校というと、勉強量が多くとても大変なイメージを持つかもしれませんが、技能連携校で学ぶ専門科目の学習を通信制高校の卒業に必要な単位として認定していくため、負荷が増えるということはありません。

 

<技能連携校はだれが運営してるの?>

一般的には専門学校が技能連携校としてスタートすることが多いですが、トヨタ自動車や日立製作所など国内トップ企業が高い技術・技能を継承すべく開校しているケースや、教産業の企業がそのノウハウを生かして社会的に必要とされる部分に特化した形で開校するケースもあります。まさに興学社高等学院もその一つ。興学社学園という一大企業が発達障害や心の病気(精神疾患)などにより不登校傾向になってしまった生徒や登校できていてもコミュニケーションが苦手だったり、勉強が極端に苦手だったりする生徒の為に、SST(ソーシャルスキルトレーニング:社会性を身に付けること)に特化した技能連携校「興学社高等学院」を運営しています。

 

 

技能連携校によく似ている施設として「サポート校(学習センター)」というものがあります。

次に“サポート校”について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

【サポート校とは?】

通信制サポート校とは、通信制高校に通う生徒が3年間で卒業ができるよう、単位修得・進級などの支援を行う民間の教育施設のことです。通信制高校を卒業するには、前述の通り、レポート、スクーリング、テストを通じて単位を修得する必要があります。

しかし、従来通信制高校では、勉強を自学自習で行なうことが前提の為、途中で挫折してしまうケースや卒業までに5年以上かかってしまうようなケースが目立つのが現実です。サポート校は、そういった生徒を学習面、生活面、精神面でサポートすることを目的としています。

<注意!!>サポート校だけでは“高校卒業資格”は取得できない!!

サポート校は、勉強やそれ以外の相談にも乗ってくれる、いわば塾のような存在で、高校とは異なります。学校教育法で定められた法的な「学校」としての認可を受けていないので、サポート校だけでは高卒の資格(学歴)取得はできないのです。つまり、高卒の資格を取得するためには、必ず通信制高校への同時入学が必要となります。その際大きな壁となるのが高卒資格要件のうち“スクーリング”です。広域型通信制高校の場合、サポート校所在地と通信制高校(本校)の所在地がかなり離れていることが多くあります例えばサポート校は千葉にあって、通信制高校(本校)は北海道にあるなどです。したがって、サポート校を利用して高校卒業を目指す場合、すでに記載のとおり、スクーリングとして必ずこの“通信制高校(本校)”に行き、指導を受けなくてはならないのです。


<スクーリングできるか不安・・・>

サポート校に通う生徒には、上の注意点で示した通り、「本校へのスクーリング」に不安を持っていたり、実際にスクーリングに行けずに単位が習得できないというケースも少なくありません。

でも!!

~興学社高等学院のような“技能連携校”なら心配いらない~

 

なぜなら!!

~技能連携校は本校へスクーリングに行く必要がないから~

 

 

では“技能連携校”と“サポート校”の違いついて、詳細を解説していきます。

【技能連携校とサポート校の違いは?】

技能連携校とサポート校は似ているように見えますが、いくつかの違いがあります。

どちらも通信制高校の生徒を手厚いサポートする点では同じなのですが、大きな違いとしては技能連携校は、都道府県教育委員会の指定を受けていることがあります。

生徒に関わる部分では、次のような違いがあります。

 

<出席日数>

技能連携校は週5日制にするように都道府県との間で決められています。したがって、同時に入学し連携している通信制高校(本校)へスクーリングに行く必要はありません。サポート校は通信制高校で実施されるスクーリングの時間数が最低登校すべき時間数になっています。

 

<単位認定>

技能連携校で学んだことは通信制高校の科目履修として、卒業に必要な単位の半分まで認められます。一方、サポート校で学んだことは卒業単位には加算されません。

 

<社会的信用>

技能連携校は都道府県教育委員会の指定を受けているので、それだけ社会的な信用が高くなります。学校を選ぶ場合でも単位修得の面でのメリットもあるため候補に入れるといいでしょう。

 

【技能連携校のメリットは?】

技能連携校での勉強が、通信制高校での単位にもなるため、普通の勉強だけではなく、専門的な知識も学びたい、社会で役立つ資格取得や体験をしたいという思いをもっている生徒にとっては、最適な環境と言えます。

なお、サポート校でも専門的な勉強ができるところもありますが、通信制高校へ単位が認められるわけではないため、通信制高校の勉強への比重が大きくなる場合もあります。

 

“興学社高等学院”は30年以上にわたり民間教育機関として数々の人材を輩出してきた株式会社興学社が運営する“技能連携校”です!これまで苦しい想いをしてきた生徒の為に、社会性を伸ばす独自の心理的メソッドを駆使した教育で高校卒業資格は勿論、「自ら生き抜く力」を身につけさせます。