【HSC(Highly Sensitive Child)とは】

2018年10月9日
興学社高等学院 新着情報

HSCとは、「人一倍敏感」という特性のことを指します。今、学齢期の児童生徒のうち、5人に1人の割合で存在するといわれています。障害や病気ではなく、あくまでも個性であることを念頭に考えなくてはなりません。

HSCの子は、例えばちょっとした物音に異常に反応したり、衣服のタグなどによってすぐ皮膚がかぶれたり、少しの痛みに過度に反応して泣き出したり、弱い光でも目がチカチカしたりなど、挙げればきりがないほど日常生活のあらゆるところで通常より多くの刺激を受容しています。簡単に言い換えれば、「感受性が強い」ということなのです。

周囲の変化によく気づいたり、他人の苦しさに気づくことができることは社会生活においてメリットにもなりえます。しかし、時にその敏感さが他者に誤解されると本人にとって生きにくさを感じることもあるのです。また、同じHSCだったとしてもその傾向は人それぞれです。周囲のあるべき姿はHSCをその子の「自分らしさ」と受け止め、肯定してあげることが重要です。