中学校の先生方へ

中学校の先生方へ

教育実践セミナー

教育実践セミナーⅠ「不登校児童生徒に対して何ができるのか」 【目的】

不登校児童生徒の数は小中学校で約12万人にもなり、社会的問題として真剣に考えるべきです。子どもたちの未来は我が国の未来に直結するものであり、この問題を放置することがいかに危険なことか想像にた易いことです。国の支援を期待し、待ち続けているだけでは現状は変わりません。教育に携わるすべての大人がその先頭に立ち、苦しんでいる子どもたちの為に何ができるのかを考えなくてはなりません。本セミナーでは私たち一人ひとりにできることは何かを具体的事例を基にしながら紹介し、参加者が各教育現場で子どもたちに還元できる事項をお伝えします。

【対象者】

学校教職員、教育機関関連職員、不登校児童生徒の保護者など

【内容詳細】

①我が国における不登校児童生徒の実態について

②WISC検査で読み取れる不登校の真因について

③不登校児童生徒の対応方法について(グループワーク有)

【メリット】

・不登校児童生徒の適切な対応方法が分かる。

・WISC検査の基本的な読み取り方が分かる。

・教職員研修の一環として活用できる。

・子どもにかかわる業界の職員同士意見交換や情報交換ができる。

【実施日】

1回目 5/28(月)16:30~18:30

2回目 8/20(月)16:30~18:30

※1回目と2回目は同じ内容ですが、ご希望であれば2回とも参加することも可能です。

※参加希望日の1週間前までに要予約。

【参加費用】

10,000円(税込)/1回

※実施日当日に現金でお持ちください。窓口でお支払いただきます。

【申込方法】

お電話(047-309-8181)またはメール(khs-shinmatsudo@kohgakusha.com)にてお申し込みください。

その際、必要な情報と致しまして、以下の項目を事前にご確認いただきますようお願いします。

⇒お名前、お電話番号、在職中の所属、参加希望実施日

(申込メール例①)

件名:教育実践セミナーⅠの申し込み

本文:松戸太郎、047-309-8181、○○市立○○中学校教諭、5/28参加希望

(申込メール例②)

件名:教育実践セミナーⅠの申し込み

本文:松戸花子、047-309-8181、児童母親、5/28参加希望

教育実践セミナーⅡ「心身の発達の段階に応じた指導とは」 【目的】

学習指導要領には「児童(生徒)の心身の発達段階に応じて」という文言が各所に記載されています。

この

“心身の発達段階に応じて”とはいったい何を指しているのでしょうか。そして具体的に教育現場ではどのような指導をすべきなのでしょうか。学習指導要領は大切な羅針盤ですが、理想論とも受け取れる抽象的な文言が数多く含まれています。実際に子どもたちの教育指導を行う方が自らの現場に置きかえ、噛み砕き、具体化して実践していかなくては教育の成果は挙がりません。本セミナーではその理論から実践方法をご紹介していきます。

【対象者】

学校教職員、教育機関関連職員、不登校児童生徒の保護者など

【内容詳細】

①学習指導要領が意図すること

②児童生徒の発達段階理論

③WISC検査の活用方法

④具体的指導実践方法(グループワーク有)

【メリット】

・児童生徒指導力、対応力の向上。

・充実した教室運営や授業の質の向上。

・WISC検査の基本的な読み取り方が分かる。

・教職員研修の一環として活用できる。

・子どもにかかわる業界の職員同士意見交換や情報交換ができる。

【実施日】

1回目 6/25(月)16:30~18:30

2回目 9/29(土)16:30~18:30

※1回目と2回目は同じ内容ですが、ご希望であれば2回とも参加することも可能です。

※参加希望日の1週間前までに要予約。

【参加費用】

10,000円(税込)/1回

※実施日当日に現金でお持ちください。窓口でお支払いただきます。

【申込方法】

お電話(047-309-8181)またはメール(khs-shinmatsudo@kohgakusha.com)にてお申し込みください。

その際、必要な情報と致しまして、以下の項目を事前にご確認いただきますようお願いします。

⇒お名前、お電話番号、在職中の所属、参加希望実施日

(申込メール例)

件名:教育実践セミナーⅡの申し込み

本文:松戸太郎、047-309-8181、○○市立○○中学校教諭、6/25参加希望

教育実践セミナーⅢ「不登校児童生徒及び発達障害児童生徒に対する進路指導の在り方」 【目的】

不登校児童生徒や発達障害児童生徒に対する進路指導は非常に難しい判断を要します。不用意な導きによって子どもたちにとってふさわしくない居場所にお送りだしてしまい、状況を悪化させてしまうということも実際に今社会で起きているのです。不登校や発達障害といっても子ども一人ひとりの状況は個々に異なります。その特性を十分に理解することが適切な進路指導の第一歩となります。本セミナーでは様々な事情を抱える児童生徒に対する進路指導の在り方を紹介し、教育現場での実践につなげていただく機会とします。

【対象者】

学校教職員、教育機関関連職員、不登校児童生徒の保護者など

【内容詳細】

①不登校児童生徒と発達障害児童生徒の進路の現状と課題について

②不登校児童生徒と発達障害児童生徒の進路先候補について

③WISC検査を活用した進路指導方法

④具体的進路指導方法(グループワーク有)

【メリット】

・児童生徒指導力、対応力の向上。

・児童生徒一人ひとり適した進路の考え方が分かる。

・WISC検査の基本的な読み取り方と適切な進路の候補が分かる。

・教職員研修の一環として活用できる。

・子どもにかかわる業界の職員同士意見交換や情報交換ができる。

【実施日】

1回目 7/30(月)16:30~18:30

2回目 10/15(月)16:30~18:30

※1回目と2回目は同じ内容ですが、ご希望であれば2回とも参加することも可能です。

※参加希望日の1週間前までに要予約。

【参加費用】

10,000円(税込)/1回

※実施日当日に現金でお持ちください。窓口でお支払いただきます。

【申込方法】

お電話(047-309-8181)またはメール(khs-shinmatsudo@kohgakusha.com)にてお申し込みください。

その際、必要な情報と致しまして、以下の項目を事前にご確認いただきますようお願いします。

⇒お名前、お電話番号、在職中の所属、参加希望実施日

(申込メール例)

件名:教育実践セミナーⅢの申し込み

本文:松戸太郎、047-309-8181、○○市立○○中学校教諭、7/30参加希望

教員免許状更新について

興学社高等学院は星槎大学主催「教員免許更新講習」公式会場です!!

広汎性発達障害や精神疾患、心の病気、緘黙等々…、興学社高等学院は「学びにくさ」や「生きにくさ」を感じて苦しい思いをしてきた子どもたちに希望と勇気を与え、普通高校資格を確実に取得させながら夢実現のための居場所づくりをしている高校です。星槎グループは元来発達に課題のある児童生徒学生に対する対応に注力した教育機関として成長を続け、多くの人たちの未来を明るくしてきました。星槎学園と興学社高等学院の理念は通ずるものがあり、星槎大学として興学社高等学院の学び舎を教員免許更新講習の会場としましたのは、多くの先生方にその存在を認知していただけることを願ってのことでございます。

もし先生方の愛する生徒様のご対応の中で高校進学にお困りの事案がございましたら、「興学社高等学院」へご連絡いただくことを推挙致します。

教員免許状の更新に関するお問い合わせ

星槎大学教員免許状更新講習センター

電話:045-972-3296

発達障害・心の病気・精神疾患等の生徒様対象高校進学相談窓口

星槎国際高等学校新松戸キャンパス《興学社高等学院》

電話:047-309-8181

e-mail:khs-shinmatsudo@kohgakusha.com